スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

鞆港

0035100807.jpg
福山藩が1811(文化8)年に築造した階段状桟橋と、現存する日本一の高さを誇る常夜燈(1869=安政6年築)。

0036100807.jpg

0037100807.jpg

0038100807.jpg

0044100807.jpg
0057100807.jpg

鞆の浦で最大の港。鞆の津とも呼ばれる。
円形港湾で近世の港湾施設がよく残されている。
港湾法上は1961年に福山港へ編入され福山港の一地区として扱われる。
江戸時代に大きく整備され、この時代の港湾施設である
「常夜燈」、「雁木」、「波止場」、「焚場」、「船番所」の全てが
全国で唯一残されている。

ここの沖でいろは丸が衝突して沈没。
関連記事
Author by kaz / 全記事一覧 / 前の記事 / 次の記事 / ページトップ
Designed by マンゴスチンw /

コメント投稿

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  •  管理者にだけ表示

トラックバック

http://kiminoirubasyo.blog135.fc2.com/tb.php/1102-035021e4
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。