スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ライアー

0026130618.jpg
ライアー(竪琴)奏者、三野友子さんをお招きして、サロンコンサートを行いました。
0025130618.jpg
素敵な時間をありがとうございました。
0031130618.jpg

ライアーは…ピアノから外側のボディーや鍵盤を取ってみたら、
残るのは、弦とそれを支える骨組みだけです。
それを指の平で弾いてみたらどうなるかということから、この楽器ができたそうです。

ピアノやバイオリンなどの楽器は、人に聞かせるためにできているといってもいいでしょう。
そのために、大きな音が出るように工夫されています。

しかしライアーは、小さな音しか出ません。そのため、耳をすまさなければなりません。
そうする事で音色と共に、音の消えた向こう側を感じることが出来るとも…。
心を穏やかに、耳をすます…忙しい日常を送っていると忘れがちですが
時には自然界の音に、自分の心の声に…耳をすましてみるのもいいかもしれないなと感じることが出来ました。


ジブリ映画『千と千尋の神隠し』の「いつも何度でも」で用いられた楽器です。
関連記事
Author by kaz / 全記事一覧 / 前の記事 / 次の記事 / ページトップ
Designed by マンゴスチンw /

コメント投稿

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  •  管理者にだけ表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。